#みねるばメモ

メモです

みねるば雑クイズ 第三弾

前のやつ minerva1129.hatenablog.com 今回は簡単であるように思う。

問題

  1. アフリカ大陸の最南端はアガラス岬ですが、最北端はどこでしょう?
  2. アンゴラの首都はルアンダですが、ルワンダの首都はどこでしょう?
  3. ズールー語で「他者への思いやり」という意味がある、Debian系のLinuxディストリビューションの一つはなんでしょう?
  4. ある物質中において、荷電粒子が光速度を超えて運動する際に放射される光のことを、これを発見したソ連の物理学者の名前からなんというでしょう?
  5. フランス語で「現代風の」という意味がある、パイ、プリン、キラキラ☆プリキュアなどの後ろに共通してつく言葉はなんでしょう?
  6. ニホニウムはこの方法で合成された、中程度の重さの原子核同士を材料とする核融合をなんというでしょう?
  7. ペルシャ語で「ギリシャ」という意味がある、現在もイスラーム文化圏で行われている医学で、中国医学アーユルヴェーダとともに世界三大伝統医学にも数えられるのはなんでしょう?
  8. 0と小数点のあとに素数を小さい方から順に並べた定数を、この数が十進正規数であることを示した二人の数学者の名前からなんというでしょう?
  9. 紀元前600年頃のものといわれる、長さ11cmの黄金製の留め具で、ラテン語による最古の文章が刻まれていることでも知られるのはなんでしょう?
  10. 北アイルランド出身のテロリストで、「白い未亡人」という異名を持ち、ケニアショッピングモール襲撃事件に関与したとも言われているのは誰でしょう?
  11. 596万年前に地中海の一部あるいは全部が干上がった現象を、これが同定された地層のあるシチリア島の地名からなんというでしょう?
  12. 関東地方の地下に存在しているとされ、首都直下型地震の原因ともいわれる太平洋プレートの断片はなんでしょう?
  13. ニコニコ大百科において、記事のない単語が記事のあるの単語に分割されリンクがあるように見えてしまう現象のことを、かつてこれが発生した動物の名前からなんというでしょう?
  14. ある選挙区においてM人を選出する場合、回を重ねるごとに候補者数が次第にM+1人に収束していくという法則を、これを唱えた政治学者の名前からなんというでしょう?
  15. ロシア語で「冬」という意味がある、クアーズが製造・販売している、透明の瓶に青いラベルのリキュールはなんでしょう?
  16. メンデ語で「狩人」という意味がある、シエラレオネの親政府派の民兵組織はなんでしょう?
  17. 全国的にはその日の全ての授業が終わった後のこと、愛知県では授業と授業の間の休み時間のことを指す漢字2字の言葉はなんでしょう?
  18. ボスニア・ヘルツェゴヴィナを構成する2つの構成体とは、ボスニア・ヘルツェゴヴィナ連邦となんでしょう?
  19. 1900年に平山信により発見された、日本人が発見した最初の小惑星であり、発見地である日本国の事実上の首都の名がつけられたのはなんでしょう?
  20. ロシア語で「故郷」を意味する単語に由来する名を持つ、新原生代に存在した超大陸で、この周辺でエディアカラ生物群が発達したことでも知られるのはなんでしょう?

解答(ネタバレ注意・以下反転)

  1. ベンサッカ岬
  2. キガリ
  3. Ubuntu
  4. チェレンコフ光
  5. アラモード
  6. コールドフュージョン
  7. ユナニ医学
  8. コープランド-エルデシュ定数
  9. プラエネステのフィーブラ
  10. サマンサ・ルースウェイト
  11. メッシニアン塩分危機
  12. 関東フラグメント
  13. シロナガスクジラ現象
  14. デュヴェルジェの法則
  15. ZIMA
  16. カマジョー
  17. 放課
  18. スルプスカ共和国
  19. 東京
  20. ロディニア超大陸

本 20171115

読んだ本のメモです

「くたばれPTA」「アルファルファ作戦」

くたばれPTA (新潮文庫)

くたばれPTA (新潮文庫)

筒井康隆おもしろいので読んでないみなさんは直ちに読みましょう。

「こころ」

こころ (岩波文庫)

こころ (岩波文庫)

現代文の課題本で読んだ。読むの3回目くらいだと思うけどこの本は読むたび感想が変わってすごい。

戦闘妖精・雪風(改)」

戦闘妖精・雪風(改) (ハヤカワ文庫JA)

戦闘妖精・雪風(改) (ハヤカワ文庫JA)

気持ち悪い単語がたくさんでてきて楽しい。

順列都市 上」「順列都市 下」

順列都市〔上〕

順列都市〔上〕

順列都市〔下〕

順列都市〔下〕

これは本当に最高の本で、直ちに読んでほしい。

そろそろ18歳の誕生日なので以下のリンクからどれか選んで買ってください。 http://amzn.asia/en5bamp

自分語り

最近人生が安定してきた。小6くらいのころにこうなりたいと思ってた人間像にはかなり近づいてきてて、方向性は悪くないからとにかくやっていくぞという段階にはいってきた。思えば今までの人生も静の時期と動の時期が交互にきてたように思うし、今は静の時期なんだと思う。人生が安定してきたといっても、つまんないとか、そういうわけではなくて、刺激は結構あるが、刺激にもパターンがあり、パターンが読めてきたという感じ。

興味の対象もだいぶ変わってきた。2年前くらいはプログラミングがマジで好きで、四六時中やってたけど、今はまあ、必要なときだけやればいいかなと感じてる。 前は理論物理とかすごく興味があって、勉強してたけど、数学の壁にぶつかってやめた。今は陸軍の用兵思想とか、歴史とか地理とか、文化人類学とかみたいな人文学っぽいものに興味があり、知らないことばかりだということもわかってきたので、勉強したい。

社会について、今は社会に適切に吸収されてるという実感がある。もともとある集団で何かが共有されてるのがわかるとそれが激しく嫌になってしまう体質があって、そのせいで社会での位置が不安定だったけど、社会というのは本当に凄くて、一定のパターンで動くとボーナスステージみたいのが現れる仕組みが備わっているっぽく、それが発動したっぽい。ボーナスステージがいつまで続くかはわからない。

自分の能力で一番強いのは虚勢を張る能力だということが最近わかった。頭は、良い方だと信じたい。自分が頭が良いと信じることで生きることへ対するモチベーションをひねり出してる感じがあって、これができなくなったら終わりなので信じつづける他ない。これが俺の信仰かもしれない。頭の良さというのも良い悪いと直線的に評価できるものではないと思うけど、だいたい「概念理解力」「思考速度」「記憶力」の3つのパラメータがあるかなと感じてて、俺は概念理解力がかなり高く、思考速度は並以下で、記憶力は平均よりましみたいな感じだろうと自己分析している。

自分の性格は、善いと思ってたけど、他人の性格を評価するのは苦手で、よくわからなかった。他人の何らかの行動をみて性格善いのか悪いのか考えると、両方が同じ論理で導き出されることが多くて、よくわからないし、そもそも性格について考えることが間違いなんだろうと思う。考えないと性格の善悪は大事だし、考えると性格というものには対称性があって、どちらが善か定めることは特に意味のないことだと思う。

物事について、抽象化して、そこから別の物事の話を持ち出すと、怒られることが多い。怒られるというか、性格が悪いとか、反社会とか言われることが多いなという感覚がある。でもこれやらなかったら何もできんだろ勘弁してくれ、、、

みねるば雑クイズ 第二弾

前のやつ minerva1129.hatenablog.com このような感じで今回も最近知ったことがらを雑にクイズにしていきました。難易度とかジャンル偏りとかは知らん

問題

  1. ヘブライ語で「相応しい状態」という意味がある、ユダヤ教における食物の清浄規定をなんというでしょう?
  2. かつてはロシアのスパイであったが、政権との確執によりイギリスに亡命し、その後ポロニウム210によって暗殺されたと疑われている、ロシアの人物は誰でしょう?
  3. フランス語で「黒い足」という意味がある、1962年のアルジェリア独立までアルジェリアに住んでいたヨーロッパ系植民者のことをなんというでしょう?
  4. フランス語で「なすに任せよ」という意味がある、政府が企業や個人の経済活動に干渉せず市場のはたらきに任せる方針をなんというでしょう?
  5. スペイン語で「斜面」という意味がある、傾斜した地層が侵食を受けることによりできた波状の地形をなんというでしょう?
  6. カザフ語で「ポプラ」という意味がある、カザフスタンの首都アスタナにある高さ105mのモニュメントはなんでしょう?
  7. 1386年にイングランドポルトガルの間で結ばれた条約で、現存する世界最古の同盟でもあるはなんでしょう?
  8. ギリシャ語で「美しい街」という意味がある、第一次世界大戦オスマン帝国軍と連合軍が戦ったことでも知られる、トルコのヨーロッパ側に位置する半島はなんでしょう?
  9. 世界で最初にジェット気流を発見したものの、その論文をエスペラント語で書いたために全く注目されることのなかった、日本の気象学者は誰でしょう?
  10. 人口や国民総生産などを面積に置き換え、意図的に歪ませた主題地図の一種をなんというでしょう?
  11. レソトサンマリノバチカン市国などのように、別の領域に四方を完全に囲まれた領域のことをなんというでしょう?
  12. 「蝶のはばたきは竜巻を巻き起こすか?」という問いかけに由来する、非常に小さな初期状態の差が将来的に決定的な差を生む現象を、なに効果というでしょう?
  13. ロシア語で「大砲の皇帝」という意味がある、モスクワのクレムリンに展示されている口径890mmの世界最大の榴弾砲はなんでしょう?
  14. 袁世凱が皇帝に即位した際に定められた年号で、民衆の強い反発を受け間もなく退位したために使われた期間はたったの83日であるのはなんでしょう?
  15. ロシア語で「7つの部屋の都市」という意味がある、現在のセメイになったのはどこでしょう?
  16. 略称はMR式である、朝鮮語ラテン文字に翻字する方式の一つで、現在でも韓国以外で広く使われているものはなんでしょう?
  17. 記紀においてその名前は記されているものの事績が記されていない第2代綏靖天皇から第9代開化天皇までの8人の天皇のことをなんというでしょう?
  18. アメリカ大統領選挙において、勝者総取り方式が採用されていない2つの州とは、なに州となに州でしょう?
  19. プラシーボ効果に対し、偽薬によって望まない副作用が現れることをなに効果というでしょう?
  20. フランス語で「小さな針」という意味がある、靴紐などの端にあるプラスチックや金属の覆いをなんというでしょう?

解答(ネタバレ注意・以下反転)

  1. カシュルート
  2. アレクサンドル・リトビネンコ
  3. ピエ・ノワール
  4. レッセフェール
  5. ケスタ
  6. バイテレク
  7. ウィンザー条約
  8. ガリポリ半島
  9. 大石和三郎
  10. カルトグラム
  11. 包領
  12. バタフライ効果
  13. ツァーリ・プーシュカ
  14. 洪憲
  15. セミパラチンスク
  16. マッキューン=ライシャワー
  17. 欠史八代
  18. メイン州ネブラスカ州
  19. ノーシーボ効果
  20. アグレット

みねるば雑クイズ 第一弾 20問

これをもとに多少推敲した

問題

  1. 世界一広い海峡としてギネスブックに認定されている、南アメリカ大陸と南極大陸の間の海峡はなんでしょう?
  2. 互いに敵の全てを射程内におさめることが可能な開けた戦場では、戦力は兵力の2乗に比例するという法則を、発表した英国人の名からなんというでしょう?
  3. ニイタカヤマノボレ」の「ニイタカヤマ」はこれのことである、かつて日本で一番高い山とされていたのはなんでしょう?
  4. 湖南省湖北省などといったときの湖はこれをさす、中国南東部に存在する湖はなんでしょう?
  5. これを超えると固体が流体のように振る舞いだす圧力の限界を、これを発見した仏国人の名からなんというでしょう?
  6. 2つの物体が滑り合うような運動を行う際の相互作用を及ぼしあう接触面についての学問を、「摩擦する」を意味するギリシャ語からなんというでしょう?
  7. 中東湾岸諸国やブルネイ、かつてのナウルなどのように、天然資源などの不労所得に財源を依存する国家のことをなんというでしょう?
  8. 天然資源の輸出により製造業が衰退し失業率が高まる現象を、ある国家の名前からなに病というでしょう?
  9. 「赤いナポレオン」の異名を取ったソ連の軍人で、ロシア内戦で活躍し、彼の「縦深戦術理論」は後世に大きな影響を与えたものの、大粛清で犠牲になったのは誰でしょう?
  10. 「赤いナポレオン」の異名を取ったベトナムの軍人で、インドシナ戦争ベトナム戦争で人民軍を指揮し、勝利に大きく貢献したのは誰でしょう?
  11. 日本の言語学者で、現代の学校文法のもととなる文法体系を完成させ、「文節」を命名したことでも知られるのは誰でしょう?
  12. スペイン語でカタツムリという意味の、騎兵が敵前にギャロップで接近し、馬上で射撃をした後に半回転して後方へ下がる機動をなんというでしょう?
  13. 分子式はC6H6N12O12である、スーパーコンピューターにより分子構造が決定されたことでも知られる、現在実用化されている爆薬の中で最大の威力を持つものはなんでしょう?
  14. ズバリ、日本の地方自治体で、最も人口が少ないものはなんでしょう?
  15. 世界で最も古い砂漠と考えられている、「何もない」という意味の名前のアフリカ南西部にある砂漠はなんでしょう?
  16. モナコ公国の4つの地域のうちの一つの名前がつけられた、シミュレーションや数値計算を乱数を用いて行う方法の総称をなんというでしょう?
  17. 疑問符「?」と感嘆符「!」を重ね合わせた、両方の意味を合わせ持つ記号「‽」をなんというでしょう?
  18. これで温度を表すと熱い方が数字が小さくなる、ロシアで約100年の間だけ使われたことのある温度の単位はなんでしょう?
  19. 第二次大戦においてただ一人対日参戦に反対した、クエーカー教徒であることでも知られるアメリカ初の女性議員は誰でしょう?
  20. 帝政時代から現在までのロシアの最高権力者に、禿頭の者とそうでない者が交互に就くことを何の法則というでしょう?

解答(ネタバレ注意・以下反転)

  1. ドレーク海峡
  2. ランチェスターの法則
  3. 玉山
  4. 洞庭湖
  5. ユゴニオ弾性限界
  6. トライボロジー
  7. レンティア国家
  8. オランダ病
  9. ミハイル・トゥハチェフスキー
  10. ヴォー・グエン・ザップ
  11. 橋本進吉
  12. カラコール
  13. ヘキサニトロヘキサアザイソウルチタン
  14. 青ヶ島村
  15. ナミブ砂漠
  16. モンテカルロ法
  17. インテロバング
  18. ドリール度
  19. ジャネット・ランキン
  20. つるふさの法則

また20問たまったらこのようにして公開したい

クイズについて

私がはじめて競技クイズというものに接触したのは去年の高校生クイズのときだ。

このときにはじめて「競技クイズ」というものの存在を知った。当時の私は「競技クイズ」というものについて、ほとんど百人一首のようなものじゃないか、という感想をもった。

そして、高校生クイズのあの有り様にかなり腹を立てた。
以下は当時のツイート(抜粋)。

高校生クイズに対する根本的なスタンスは当時も今も変わらない。

  • 「知の甲子園」を標榜して女子高生運試しライブをやるのはあきらかに罪悪である。
  • しかし、競技クイズも百人一首のようなものである。
    • 競技クイズ力=知力 ではない。
    • 以上より、「知の甲子園」を標榜して競技クイズ大会をやるのも妥当ではない。
    • クイザーという連中は「クイズ力」と「知力」を履き違えていて、傲りがあるのではないか。

それからしばらくして、偶然クイズ大会に参加することになった。そこで私はそこそこの結果を残すことになる。
味をしめた私は、それから継続的にクイズ大会に参加するようになる。

以上のツイートのように、私の「競技クイズ」に対する認識はだいぶ変化する。

  • クイズの勉強/練習を何もしていない人間でもそこそこ太刀打ちができる。
  • 「知識量」が定量化されて勝負できるものというのは他になくて、それは非常に楽しい。
  • ペーパークイズやボードクイズなど「百人一首」ではない形態のものもいろいろある。
  • でもやっぱり早押しでは勝てない。
  • クイザーの身内ノリはキツい。個人個人はいい人たちである。
  • 敷居が高い。新規参入が難しい。クイ研がない学校の生徒の参加を根本的に考慮していないのでは?

上記のような変遷を経て、今回の高校生クイズを迎える。

クイズは楽しい。あきらかに最高だ。そして高校生クイズは最低だ。クイザー連中の気持ちも多少はわかる。だが彼らは実力行使に出ない。それどころか、名門校の連中はテレビ局と結託して既得権益にしがみつく。許さん。そもそもクイズ力は知力と同義ではないということを認識しろ。俺が高校生で一番かしこいのだから俺を出せ。以上です。

火星テラフォーミングについて

序文

地学の自由レポートで火星テラフォーミングについてというものがあって、自分は書くつもりはなかったが、周りの人間が書いているのを見ていたら内容を思いついてしまったので書いて出した。割と気に入っているのでここにものせる。


火星テラフォーミングについて

火星のテラフォーミングについては, 他の生徒もレポートに記述しているだろうから, 私は手短にまとめる.

火星に人類が植民するにあたり, 解決すべき大きな問題は主に2つである.

  • 地球と比べ非常に寒い
  • 地球と比べ大気及び酸素が薄い

これらについて, 有名な解決策としては, 極冠を溶かすというものがある. 具体的には, 宇宙空間に設置した巨大な鏡によって太陽光を当てる, 黒い粉を散布し太陽光を吸収させるなどがある.

極冠を溶かすことで, 大気中に二酸化炭素と水蒸気が放出される. すると, 温室効果により気温が上昇し, 植物の生育が可能な環境となり, 植物により酸素が産生され, 居住可能になるというものである.

ただ, この方法は一般的には1000年程度かかると言われている. しかし, これは現在の技術において1000年ということであるから, 技術が自己触媒的に進化してくことを考慮に入れると, 数百年で可能であると予測できる.

また, NHK総合で2014年7月24日に放送された, コズミック フロント 〜発見!驚異の大宇宙〜「火星改造!テラフォーミング最前線」では, NASAエイムズ研究所のクリス・マッケイ博士の火星テラフォーミング計画が紹介されている.

この計画では, 八フッ化プロパン(C3F8)という, 二酸化炭素の2万倍もの温室効果をもつフロンの一種を用いて, 急激に気温を上昇させることができるとしている. 加えて, 最新の生物学では放射線や低温に強く糖や酸素を産生する微生物が研究されていて, これらを繁殖させることにより100年でテラフォーミングが可能であるとしている.

以上より, 火星のテラフォーミングは200年程度で可能であるといえるのではないだろうか. NASAによると, 人類の火星到達が2030年の予定であるから, 2230年には火星植民が可能になると考えることができる.

火星植民, その後

現在の宇宙開発の趨勢から, 火星テラフォーミングは間違いなくNASA主導で行われ, その結果火星はアメリカ領となると考えられる. 現在既に財政に脆弱性を抱えるアメリカにとって, 火星テラフォーミングが莫大な利益を生む事業であるにしろ, その投資は重荷となり, 火星植民者に重税を課すようになるのも必然である.

ここで, 2230年における国際情勢について推察する. 近年, 自動運転技術などソフトウェア技術の急激な発達により, あらゆる産業がIT産業に集約されていく流れとなっている. そのため, 工業偏重でIT産業への転換が遅れている中国・日本・ドイツなどは衰退し, IT産業に強みのあるアメリカ・インド・東欧・ロシアが台頭していると予測する.

このうち, ロシアはウクライナ紛争など西への拡張意欲を見せていることから, 東欧を統合し, 宇宙産業の強さもあって未だにアメリカに対抗しうる勢力として存在していると考えられる.

つまり, アメリカが火星植民地に重税を課し, 火星植民地がアメリカに反乱を起こすなら, その裏にはロシアの支援があると考えるのが当然である.

惑星間戦争

火星独立戦争NATO(北大西洋条約機構)軍 vs CSTO(集団安全保障条約機構)軍 + 火星軍 という構図で戦われることとなる, そのため, 戦線は宇宙空間と地上に二分される.

まず, 宇宙空間における戦闘について考えていく.

宇宙空間では, 大気のような遮蔽物が存在しないため, レーザー兵器・ビーム兵器などが非常に有効である. これらの兵器は, 射程がほぼ無限かつ回避不可能であることから味方の観測範囲に敵が入った瞬間に間接射撃により撃破することが可能になる. そのため, 偵察機の数と観測性能, それらのデータを瞬時にリンクするシステムなどが勝敗を分ける. これは, アメリカ軍が現在採用しているC4Iというコンセプトに酷似しており, この戦いではアメリカに分があると考える.

その後, レーザー兵器に対抗して, 重金属炸裂弾により重金属雲を生成し, それによりレーザーを減衰させる技術が開発される. 特に, 重金属雲がとどまりやすい惑星周辺においては効果を発揮し, 火星軍はアメリカ軍に対し対抗手段を得ることになるが, 以後はレーザーの出力と重金属弾の性能のいたちごっことなる.

また, 戦争には通信・補給がつきものであるが, かつてないスケールでの通信・補給が行われ, 太陽系中におびただしい数の中継基地が建設される.

ヨーロッパ戦線

地球戦線において, 言うまでもないが, 海軍力においてはアメリカ軍とロシア軍に圧倒的な差があり, 制海権は完全にアメリカが握る.

レーザー兵器は地上戦にも転用され, 互いのレーザー兵器によりミサイル・航空機をすべて撃ち落とすことが可能になり, 彼我の航空戦力は完全に無力化される. これは, 陸軍の弱さを空軍力で補ってきたアメリカにとっては致命的なことである. 2017年現在, 陸軍力のみの比較では兵員・戦車保有数ともにロシア軍がアメリカ軍を圧倒している. 1950年代のNATOの対ソ防衛計画では, ヨーロッパは放棄しピレネー山脈まで撤退する計画であったが, 航空戦力が無力化されることを考えると, これより厳しい戦いを強いられるといっても過言ではない.

以上より, 火星独立戦争と同時に進行するアメリカ=ロシア戦争では, ヨーロッパ戦線においてアメリカ軍が大敗を喫し, ピレネー山脈まで撤退を余儀なくされると予想する.

まとめ

火星軍の重金属雲による遅滞戦術に手こずり, ヨーロッパ戦線での反攻のめども立たず, 次第にアメリカ国内では厭戦気分が蔓延していくこととなる.

世論に後押しされ, 講和条約が結ばれるが, その講和条約でアメリカは火星の独立を承認することとなる.

ここに火星共和国の独立が達成されたのである.

追記

極冠をすべて溶かすと, アフリカ大陸程度の広さの陸地が残る. 現在の地球の人口密度から考えると50億人程度なら居住可能な面積である.

火星では巨大鉱床が次々見つかり, 資源輸出により驚異的な勢いで発展してゆく. 2280年にはGDPでアメリカを抜き, 名実ともに太陽系の盟主となるのであった.

  • 2030年 人類到達
  • 2230年 植民開始
  • 2241年 共和国独立宣言・独立戦争勃発
  • 2250年 終戦・独立承認
  • 2265年 月を併合
  • 2279年 水星に植民
  • 2302年 金星に植民
  • 2307年 木星に植民
  • 2313年 火星帝国に改称