#みねるばメモ

メモです

クイズについて

私がはじめて競技クイズというものに接触したのは去年の高校生クイズのときだ。

このときにはじめて「競技クイズ」というものの存在を知った。当時の私は「競技クイズ」というものについて、ほとんど百人一首のようなものじゃないか、という感想をもった。

そして、高校生クイズのあの有り様にかなり腹を立てた。
以下は当時のツイート(抜粋)。

高校生クイズに対する根本的なスタンスは当時も今も変わらない。

  • 「知の甲子園」を標榜して女子高生運試しライブをやるのはあきらかに罪悪である。
  • しかし、競技クイズも百人一首のようなものである。
    • 競技クイズ力=知力 ではない。
    • 以上より、「知の甲子園」を標榜して競技クイズ大会をやるのも妥当ではない。
    • クイザーという連中は「クイズ力」と「知力」を履き違えていて、傲りがあるのではないか。

それからしばらくして、偶然クイズ大会に参加することになった。そこで私はそこそこの結果を残すことになる。
味をしめた私は、それから継続的にクイズ大会に参加するようになる。

以上のツイートのように、私の「競技クイズ」に対する認識はだいぶ変化する。

  • クイズの勉強/練習を何もしていない人間でもそこそこ太刀打ちができる。
  • 「知識量」が定量化されて勝負できるものというのは他になくて、それは非常に楽しい。
  • ペーパークイズやボードクイズなど「百人一首」ではない形態のものもいろいろある。
  • でもやっぱり早押しでは勝てない。
  • クイザーの身内ノリはキツい。個人個人はいい人たちである。
  • 敷居が高い。新規参入が難しい。クイ研がない学校の生徒の参加を根本的に考慮していないのでは?

上記のような変遷を経て、今回の高校生クイズを迎える。

クイズは楽しい。あきらかに最高だ。そして高校生クイズは最低だ。クイザー連中の気持ちも多少はわかる。だが彼らは実力行使に出ない。それどころか、名門校の連中はテレビ局と結託して既得権益にしがみつく。許さん。そもそもクイズ力は知力と同義ではないということを認識しろ。俺が高校生で一番かしこいのだから俺を出せ。以上です。