#みねるばメモ

メモです

みねるば雑クイズ 第一弾 20問

これをもとに多少推敲した

問題

  1. 世界一広い海峡としてギネスブックに認定されている、南アメリカ大陸と南極大陸の間の海峡はなんでしょう?
  2. 互いに敵の全てを射程内におさめることが可能な開けた戦場では、戦力は兵力の2乗に比例するという法則を、発表した英国人の名からなんというでしょう?
  3. ニイタカヤマノボレ」の「ニイタカヤマ」はこれのことである、かつて日本で一番高い山とされていたのはなんでしょう?
  4. 湖南省湖北省などといったときの湖はこれをさす、中国南東部に存在する湖はなんでしょう?
  5. これを超えると固体が流体のように振る舞いだす圧力の限界を、これを発見した仏国人の名からなんというでしょう?
  6. 2つの物体が滑り合うような運動を行う際の相互作用を及ぼしあう接触面についての学問を、「摩擦する」を意味するギリシャ語からなんというでしょう?
  7. 中東湾岸諸国やブルネイ、かつてのナウルなどのように、天然資源などの不労所得に財源を依存する国家のことをなんというでしょう?
  8. 天然資源の輸出により製造業が衰退し失業率が高まる現象を、ある国家の名前からなに病というでしょう?
  9. 「赤いナポレオン」の異名を取ったソ連の軍人で、ロシア内戦で活躍し、彼の「縦深戦術理論」は後世に大きな影響を与えたものの、大粛清で犠牲になったのは誰でしょう?
  10. 「赤いナポレオン」の異名を取ったベトナムの軍人で、インドシナ戦争ベトナム戦争で人民軍を指揮し、勝利に大きく貢献したのは誰でしょう?
  11. 日本の言語学者で、現代の学校文法のもととなる文法体系を完成させ、「文節」を命名したことでも知られるのは誰でしょう?
  12. スペイン語でカタツムリという意味の、騎兵が敵前にギャロップで接近し、馬上で射撃をした後に半回転して後方へ下がる機動をなんというでしょう?
  13. 分子式はC6H6N12O12である、スーパーコンピューターにより分子構造が決定されたことでも知られる、現在実用化されている爆薬の中で最大の威力を持つものはなんでしょう?
  14. ズバリ、日本の地方自治体で、最も人口が少ないものはなんでしょう?
  15. 世界で最も古い砂漠と考えられている、「何もない」という意味の名前のアフリカ南西部にある砂漠はなんでしょう?
  16. モナコ公国の4つの地域のうちの一つの名前がつけられた、シミュレーションや数値計算を乱数を用いて行う方法の総称をなんというでしょう?
  17. 疑問符「?」と感嘆符「!」を重ね合わせた、両方の意味を合わせ持つ記号「‽」をなんというでしょう?
  18. これで温度を表すと熱い方が数字が小さくなる、ロシアで約100年の間だけ使われたことのある温度の単位はなんでしょう?
  19. 第二次大戦においてただ一人対日参戦に反対した、クエーカー教徒であることでも知られるアメリカ初の女性議員は誰でしょう?
  20. 帝政時代から現在までのロシアの最高権力者に、禿頭の者とそうでない者が交互に就くことを何の法則というでしょう?

解答(ネタバレ注意・以下反転)

  1. ドレーク海峡
  2. ランチェスターの法則
  3. 玉山
  4. 洞庭湖
  5. ユゴニオ弾性限界
  6. トライボロジー
  7. レンティア国家
  8. オランダ病
  9. ミハイル・トゥハチェフスキー
  10. ヴォー・グエン・ザップ
  11. 橋本進吉
  12. カラコール
  13. ヘキサニトロヘキサアザイソウルチタン
  14. 青ヶ島村
  15. ナミブ砂漠
  16. モンテカルロ法
  17. インテロバング
  18. ドリール度
  19. ジャネット・ランキン
  20. つるふさの法則

また20問たまったらこのようにして公開したい